読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活~アレルギー編パート4~

生活~アレルギー編パート4~

遺伝子依存は、両親や祖父・祖母の遺伝子情報が大いに関わっていると説明しました。

しかし、遺伝子的要因だけではないということ、後天的に治せるということもお話しました。今回は、アレルギーをお持ちの方がアレルギーをなるべく持たないように気をつけてほしいことを書いていきます。

 

☆妊娠する前にできること

これは、女性が行うことですがパートナーの方にも手伝ってほしいですね。

正直、アレルギーを持ってる持ってない関係なく意識してほしいです。

アレルギーを持ってなくても、子どもがアレルギーを持っている可能性もあります。

アレルギーを持っている方の子どもがアレルギーを持っている可能性が高いという事です。

 

まず、一番気にしてほしいのは子どもは子宮(母体)で成長するという事です。

子宮の環境の良さ=子どもの体質だと思います。

私の表現では、子宮の綺麗さと言います。

 

そこで、妊娠予定をされている女性の方には体をキレイにしていってほしいです。

先述しましたが、化学物質に細心の注意を払う事です。

身体に取り入れるものは特に注意です。

食べ物や飲み物は体を作るので、摂取したものの品質が子宮の良さにつながっていきます。よく聞くのは、泥の子宮で育てるか?・きれいで透明な子宮で育てるか?2択だと思います。

 

引き続き書いていきます・・・・