読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活~アレルギー編パート2~

生活~アレルギー編パート2~

 

アレルギー関して少し触り程度お話しました。

復習として、アレルギーは環境依存・遺伝子依存という面があるということです。

 

〇環境依存について

 前にも話しをしましたが、近代化が進み暮らしが豊かになった半面、物が溢れすぎて

 おり良い物悪い物が見分けれず価格で判断し、欠陥品を求めることが多くなります。

 安価でよい商品もありますが、基本的には商品生成の手間や効果増幅、見た目の着色

 を素材の力ではなく、化学物質の力で補おうとする傾向が普通にあります。化学物質

 は、コストパフォーマンスもよく安く多く商品を作ることができます。

 

 多くの化学物質を含んだ商品を口にした時、体内では異物と判断され体外に排出しよ

 うと身体はします。体内に蓄積するものもありますが。代謝が悪かったり、免疫不全

 の場合は、体で処理できずに発汗や排便では異物を排泄できずに、鼻水や痰、皮膚に

 排泄症状が見られます。アトピーがいい例だと思います。

 

 他にも口に入れずも、洗剤や柔軟剤、大気汚染、ストレス等の外的要因も多く関係し

 てきます。

 

 簡単に言うと、体は人工的に作り出した物質について、消化代謝対応ができないとい

 うことです。